資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ
メニュー

小学生から大学受験まで、徳島の塾でトップレベルの高い合格実績!わが子のように育て、合格へ導きます

徳島第一ゼミグループ
0120-17-3759

TOPページ >  高校部ブログ

毎日コツコツ(6月30日金曜日)

「時間が足りんことに気づいた!!」

昨日、ある生徒が言うのでナンノコッチャと話を聞くと、期末テストまでの時間とやらなければならない課題の量を比べたら、ぜんぜん時間が足りないということに気づいたというのです。

「やっぱり毎日コツコツせなあかんなぁ」

(そんなこと私がいつも言ってることやないか・・・)と思いましたが、そのことに自分で気づいただけでも成長したということでしょうか。

大切なのは、そう思ってちゃんと行動することです。

次のテスト前に同じことを言わないように。

大学入試直前に同じことを思わないように。

 

 

 

志作文(6月28日水曜日)

グループミーティングで、志作文を作成中です。

将来の夢について、さくさく書ける生徒もいれば、全く書けない生徒もいます。

世の中には何万との職業があり、時代とともに消える職業、新たに生まれる職業があります。

普段の生活の中で目にする職業は、全体の数パーセントです。

さくさく書ける生徒は、その数パーセントの世界の中で夢を決めれた生徒です。

知らない世界がほとんどの中で、絶対にこれと決めることは非常に難しいです。

決まらないのがあたりまえのことと思えます。

決まらない生徒は、「将来こうゆう事がしたいな」で十分だと思います。

必ずそのような職業はあります。(安定性、将来性は知りませんが・・・)

そのような職業は、大学で深く学ぶことにより、また社会にでて様々な分野の職種の人と接することで知ることが出来ます。

その中で重要なことは、貯め続けた想いと、すぐに動ける行動力です。

想いがないと、チャンスがきても気づかず通り過ぎます。

行動力がなければ、チャンスに気づいても過ぎていきます。

志作文は、チャンスに気づくために。

日々の勉強は、即動けるための準備です。

 

皆さんの10年後どのような人生を送っているか。

今から楽しみです。

 

特別公開授業(6月27日火曜日)

7月16日日曜日。

渡辺勝彦先生による特別公開授業Part4開催決定!!

今回の対象は高校1年生です。

また、当日にはセンター試験高校生レベル模試もあります。

模試をうけて、さらに特別公開授業もうけて、なんと充実した1日になることでしょうか。

高2生の皆さんにも朗報が・・・ありません。頑張っていきましょう。

 

模試(6月26日月曜日)

センター試験本番レベル模試お疲れ様です。

徳島駅前校では、皆さんの自己採点を心よりお待ちしています。

 

自己採点まだですという人・・・

模試受ける価値なしです。というか、大学受験しなくてもいいのでは??

小学生が、宿題で答え合わせ忘れましたと同レベルです。やってないのも一緒です。

 

点数悪くて、見せたくないという人・・・

残念ながら、誰も高得点をとるとは思ってませんよ。

我々は、現状の力を知りたいのであり、皆さんの良かった悪かったの感想を聞きたいわけではありません。

満点取れる模試に価値はなし。課題がみつかりません。

間違えたからこそ、課題は見つかります。

 

それをふまえて、今後も模試を受けてくださいね。

 

トップリーダーとは②(6月23日金曜日)

昨日のブログでもお伝えしたとおり、明日、6月24日に「トップリーダーと学ぶワークショップ」を開催します。

今日は講師の佐藤芳之先生について、少しご紹介致します。

 

佐藤芳之先生は1974年、日本から1万2000キロ離れたケニアの地で「ケニア・ナッツ・カンパニー」を設立し、一代で年商30億円、世界5大ナッツカンパニーに成長させました。

その取引先は「ゴディバ」や「ネスレ」などといった世界企業が名を連ねています。

最終的にケニア・ナッツ・カンパニーは社員数4000人、契約農家5万軒、農場の敷地面積は東京ドーム780個分まで拡大し、25万人以上の雇用を生み出しました。

その収入で支えられる家族は100万人以上。人口約4000万人のケニアで40人に1人が佐藤先生の活動により、生活を大きく変えていきました。

文化や風俗の違いが立ちはだかるも、「ケニアをビジネスを通じて興す」という信念をもって社員を教育し、日本式経営方法を導入するなど工夫を凝らし、ケニア人が自立できる会社を実現されました。

 

そんな佐藤芳之先生と学ぶワークショップに是非、参加しましょう。

詳細は、掲示を見てくださいね。