資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ
メニュー

小学生から大学受験まで、徳島の塾でトップレベルの高い合格実績!わが子のように育て、合格へ導きます

徳島第一ゼミグループ
0120-17-3759

TOPページ >  高校部ブログ

無題(5月23日火曜日)

ノートに隙間が無く書かれた数式。

片隅にひっそりと書かれたグラフや図形。

自分が見やすいならいいですが・・・

なぜ隙間を空けない??

なぜグラフを大きく書かない?

 

黒板の文字は完璧に書く生徒。

板書の内容は、ほぼ教科書にのっています。

口だけでの説明の中にも重要なことはありますよ。

頭にはいっているならいいですが・・・

なぜ書き残さない??

 

作業と学習は違います。

 

日々の勉強(5月20日土曜日)

テスト週間も昨日で終了しましたが、高校内容のテストをうけた1年生の皆さんは反省すべき点がたくさんあると思います。

4月5月で習ったことはほんの少しのはずが、中学生の時のテスト勉強の仕方では『これはマズイ!!』と思ったのではないでしょうか。皆さんが受験する大学入試では3年間の高校内容が問われます。今回経験したことをふまえて日々の勉強の仕方を改めないといけませんね。

高速基礎マスターに関しても、気が向いたときにやっているようでは効果はあらわれないです。毎日コツコツやってこそ成果が出せるのですよ。英単語・熟語・文法・数学計算演習・古文単語など、自分に必要なことは妥協せず積極的に進めていきましょうね。

今日も一日頑張りましょう!!

テスト後は・・・(5月19日金曜日)

昨日のブログではテスト前のドタバタについて書きましたが、テストが終わった人は、その反省を活かして勉強してくださいね。

テストが終わったら、ドタバタも勉強内容も何もかも忘れてしまう・・・では、成長しませんよ。

 

「テストが終わった日くらいは・・・」

なんて考えずに、テストが終わったその日からやりましょう。

やっぱり毎日コツコツやるのが一番大事!!

テスト期間の今ならそれがよくわかるんじゃないですか?

「 次こそは・・・ 」

って思った人、次はもう始まっていますよ。

 

 

 

テスト前のドタバタ(5月18日木曜日)

多くの高校で、テスト期間に入ってきました。

毎年恒例のことですが、この時期に慌てるようにテスト勉強する人が目立ちます。

分からない問題に出合うたびに質問に来る人もいます。

 

いつも思うことですが、その勉強の姿勢を常日頃持っておけば必ず成績は上がります。

テスト内容は、基本的に今まで勉強したことしか出題されません。

テスト前になって急に質問が溢れ出す、なんてことはありません。

「分からないけどまぁいいや・・・」と放っておいたツケが回ってきただけです。

テスト前にドタバタと勉強している人、今の勉強法は根本的に間違っています。

ぜひ今回の反省をこれからの勉強に活かしてください。

 

『大学入学共通テスト(仮称)』へ(5月17日水曜日)

昨日、来たる入試改革について報道発表がありました。

現中3生から、現在の『知識偏重』から『知識活用』を目的としたこの新しい入試制度へ移行することになります。

前回4月にも報道はありましたが、新しく発表されたことを箇条書きすると、

英語:共通試験を廃止し、4技能民間試験へ移行させる。共通試験の英語廃止は2020年案と23年案で検討中(6月末に決定)

国・数:『大学入学共通テスト』にて記述式問題を3問出題する

記述式問題の採点は、出願先大学ではなく、民間へ委託し、他のマーク同様の得点式ではなく、3~5段階の段階評価

記述式問題の追加により、たとえば国語80100分、数学6070分のように、試験時間を延長する見込み

記述式問題は、新学習指導要領への転換を期に24年度から地歴・公民や理科でも実施を検討

また、書類や面接などで受験生を選考するAO(アドミッション・オフィス)入試や推薦入試について、2020年度から、国公私大に学力評価を義務付ける方針もあわせて発表されました。

現高校生は直接的には新しい入試制度は関係ありませんが、今年の入試要項も6月頃から随時発表されていきます。自分が受験予定の大学はもちろん入試科目等確認しないといけません。また推薦入試・一般入試の定員や学部学科など毎年変化がありますから必ず確認しておきましょう。

皆さんに関係あることについてはホームルームなどを通じて発信していきますね。